不動産投資の相談でガッチリ|マネーザクザクインクリーズプラン

不動産

投資で将来に備える

収益物件の効果的な探し方

不動産投資といえばバブル時代は土地ころがしが主流でした。つまり土地を購入して転売することにより利益を得ていました。しかし、近年は土地の値上がり益はあまり期待できる状況ではありません。近年の不動産投資のスタイルは不動を購入し、家賃収入によって収益を得るスタイルに変化しています。この傾向は大阪などの大都市圏で顕著です。では、お得な収益物件をどのようにして探したら良いのかといえば、不動産投資会社を通じて探すのが最も効率的です。大阪などの都市部ではワンルームマンションが多く、それらを収益物件として購入するなどの方法が取られることが多いようです。収益物件として建設されるマンションもあり、これらの情報は通常の不動産会社では入手できないのです。

投資における知っておくべき点

大阪や東京など多い収益物件ですが地方都市にも存在しますが、圧倒的に多いのは大阪などの大都市の方が有利でしょう。そして、収益物件を考える上で最も重要なのがコストです。収益物件を購入するにあたり自己資金で購入するのか金融機関から借り入れて購入するかでコストが変わってきます。金融機関から借り入れする場合は金利のことを考慮する必要があるのです。特に収益物件を購入する場合は通常の住宅ローン金利は適用されません。投資目的であれば住宅ローン金利よりも高くなります。また、固定資産税もコストとして発生します。これらの借入金や固定資産税などのコストを考えて投資利回りを計算する必要があるので注意が必要なのです。